ソウルフード事件

ソウルフードといえばアフリカ系のアメリカ人の家庭料理、伝統的な料理のことです。魂=soulということでソウルフードと呼ばれるのだそうです。
それ転じて自分たちの故郷の料理や原点になるような料理のこともソウルフードと呼ぶようになりました。
要は子供時代よく食べてた料理とか自分の田舎の料理とかですね。
私のソウルフードは何になるんでしょう?パンプキンパイですかね?
ソウルフードという言葉を最初に知ったのは豆を使った煮込み料理を食べた時でした。
料理の名前は忘れてしまいましたが、まったくちがう食文化の食べ物だけど、これは家庭料理なんだなって思った記憶があります。
わかりますよね。家庭料理の味って世界で共通の何かを持っています。
そんなソウルフードのソウルを魂ではなく街の名前と勘違いした人が現れたそうです。
ツイッターでラーメンをソウルフードと言った人に対して別のアカウントが攻撃してきたそうです。
そのアカウントは「ソウル」を韓国のソウルと勘違いしたようで、ラーメンを韓国の食べ物と言ったからお前は在日だ、という感じのツイートをしたんだとか。
その後そのアカウントに対しソウルフードの意味を勘違いしていると突っ込みが入りまくり、それについてアカウントは謝罪したもののその後も突っ込みはおさまらず、結局アカウントが閉鎖されたそうです。
攻撃をしたら他から攻撃されまくったという形ですが、ソウルフードって言葉、そんなにまだメジャーじゃないってことなんでしょうか?
ソウルの意味を調べないで攻撃するのも甘いは甘いんですが、それを第三者が攻撃するのも異様ですよね。
このソウルフードの意味を勘違いした人を含め、とりあえず攻撃できる相手を探して攻撃するという考えが最近広がっているのはよくないと思います。
この発想って学校でいじめが起きる発想と同じで、だからやってるのが子供なんじゃないかと思うんですが、精神的に幼稚な大人の可能性もあります。
この一件、ソウルフード事件という名前でネットでは話題になっているそうです。
まとめサイトなどもできているそうですが、見てると攻撃する対象を探したい人たちが山ほどいるんだなという感じでした。
そこでは「B’zのウルトラソウルはどうなるのか」などのツッコミがありました。
第三者で見ると楽しいけれど関わりたく事件ですよね。